ロストバッゲージがゼロに?エアバスとリモワら3社が新システムの実証実験を開始へ!

800x600_1386663422_Bag2go

エアバスとリモワ、T-Systemsは、ロストバッゲージや航空機への受託手荷物の誤搭載をなくすシステムの開発を行っています。

スマートフォンやタブレットのアプリケーションで制御することができる「Bag2Go」というシステムを新たに開発。リアルタイムでのトラッキングや、オンラインチェックイン、預け入れ手荷物の電子タグなどと組み合わせることができる。

2014年には、航空会社の支援のもと、実証実験を行うとしています。

国際航空運送協会(IATA)によると、年間2600万個の預け入れ手荷物が紛失や目的地を間違えて搭載してしまっており、損失額は25億ドルにのぼるとのことだ。

詳細はこちら