機内での電子機器制限緩和はヨーロッパでも!=2014年初めにも

29

European Aviation Safety Agency(EASA)は、2014年初めにも、アメリカで緩和された、機内での電波を発しない電子機器の離着陸時の使用制限の緩和を行う方針であることがわかりました。

航空会社により、乗客が電子機器を利用出来るようにするか、しないかの判断を行うこととなりますが、多くの航空会社が採用するものと思われます。

また、EASAでは、携帯電話などの電波を発する機器の使用についても利用制限を緩和する検討を行うとしています。

詳細はこちら