エアアジアX、バンコク〜パリ・ロンドン線の開設を見込む!=フランス現地紙伝える

エアアジアX2

タイ・エアアジアXが、バンコクのドンムアン国際空港を拠点に、ヨーロッパ線に参入する意向であることがわかりました。エアアジアCEOのトニー・フェルナンデス氏にフランス紙のLes Echosが行ったインタビューで明らかにしています。

ロンドンのガトウィック空港かスタンテッド空港のどちらかと、パリのオルリー空港への就航が検討されており、機材はエアバスA330-300型機を使用します。

運賃は、片道あたり250〜300ユーロ前後を想定しており、燃油サーチャージは徴収しません。

エアアジアグループでは、クアラルンプール〜パリ/オルリー線の休止で、ヨーロッパから撤退していました。

詳細はこちら