ジェットスター・ジャパン、関空拠点化や国際線進出は2014年以降!=国内の観光路線就航や既存路線の増便を優先!

P1010068

ジェットスター・ジャパンの鈴木みゆき社長は、2013年12月6日に、同社の累計搭乗者数が300万人を達成したことを記念し、成田空港でイベントを開催し、報道陣の取材に応じました。

今後の路線展開については、国内線の観光路線が中心になるとの方針を示し、国際線への進出は焦っていないとコメントしています。

2014年には、関西国際空港の第2拠点化を進める方針で、同社の戦略としては優先順位が高いと明言。大阪/関西発着は、東京/成田・沖縄/那覇・福岡・札幌/千歳線の4路線ですが、拡充される可能性も高いと思われます。

また、国際線へも、時期は決まっていないものの、2014年内になるとの見方。

バニラ・エアが、成田空港の運用制限時間帯を逆手に取ったスケジュールとして、午後10時台に成田を出発する便の運航を開始しますが、ジェットスター・ジャパンでは行う予定があるかとのTraicyの質問に対しては、「検討はしますが、何も決まっていません。」と、現時点では消極的な考えを示した。

■関連記事
ジェットスター・ジャパン、搭乗者数300万人達成記念イベント鈴木みゆき社長一問一答
ジェットスター・ジャパン、搭乗者数300万人を突破!=国内LCCで最速
ジェットスター・ジャパン、搭乗者数300万人を突破記念の「ラッキーフライデーセール」=国内線全路線を1,000円できょう正午より発売!

詳細はこちら