経営難のアリタリア航空にLCC・ライアンエアが出資を検討へ!=レガシーキャリアをLCCが救う?

P1020396

経営危機に陥っているアリタリア・イタリア航空に対し、ヨーロッパのLCC・ライアンエアが出資を検討していることがわかった。ウォール・ストリート・ジャーナルが報じています。

同社は、10月に経営危機に陥り、イタリア郵政公社と、大手銀行ウニクレディト、アリタリアに融資を行っているウニクレディト、インテーザ・サンパオロが総額3億ユーロの増資を引き受けた。

ライアンエアのマイケル・オリーリーCEOは、「アリタリアから増資を求められれば、ライアンエアは検討する用意がある」と語っています。

ライアンエアは、空港使用料の高い大規模空港ではなく、郊外にある小規模な空港を拠点としていましたが、最近では大規模な空港にも進出を検討。アリタリアの拠点であるローマ・フィウミチーノ空港やブリュッセル国際空港、アムステルダム・スキポール国際空港のハブ化も検討している。

■関連記事
アリタリア航空、2014年4月に東京/成田〜ヴェネツィア線に就航!
アリタリア航空、東京〜ヴェネツィア・関西〜ミラノ線に就航を計画!

詳細はこちら