JAL、成田〜シドニー線へのボーイング787型機投入を延期へ!

jal_b787_2

JALは、ゼネラル・エレクトリック社(GE)製のGEnxシリーズエンジンを搭載した航空機の飛行規程が改定されたことを受け、GE製のエンジンを搭載するボーイング787型機の一部路線で機材変更を行っていますが、2013年12月2日に同型機を投入予定の、東京/成田〜シドニー線で、投入を延期する見込みであることがわかりました。

AUSTRALIAN BUSINESS TRAVELERによると、ボーイング777‐200ER型機での運航を継続する見込み。

JALでは、積乱雲が多い熱帯地域を飛行する、シンガポールとデリー線で、11月30日まで機材を変更すると発表しています。

なお、GE製のエンジンは、JALの他にも、ジェットスターとエア・インディア機に搭載されています。ANAはロールス・ロイス社製エンジンを搭載しているので影響はありません。

■関連記事
JAL、GE製エンジンの飛行規程の改定でボーイング787型機運航便中心に機材変更を実施!
 
詳細はこちら