NTTドコモ、24時間利用出来る海外定額「1dayパケ」を12月2日よりスタート!=30MB利用で制限

21

NTTドコモは、海外でパケット通信を1日(24時間)単位で利用ができる「海外1dayパケ」を2013年12月2日より提供すると発表しました。

利用料金は、国・地域別に異なり、980円・1,280円・1,580円のいずれかとなっています。

980円となるのは、韓国・台湾・香港・インドネシア・シンガポール・タイ・ベトナム・マカオ・マレーシア・グアム・サイパン。1,280円となるのは、中国・オーストラリア・イギリス・イタリア・バチカン・オーストリア・オランダ・スペイン・ドイツ・フランス・カナダなど。1,580円となるのは、アメリカ本土・ハワイ・インド・フィリピン・ニュージーランド・スイス・トルコ・ロシア・ブラジル・アラブ首長国連邦・エジプトなどとなっている。

申し込みから24時間経過後には自動的にパケット通信が停止するため、使い過ぎの心配がないのが利点のひとつとドコモは説明しています。

また、利用データ量が30MBを超えた場合、通信速度が送受信時最大16kbpsになる。30MB超過後であっても利用再開操作を行うことで、継続して速度制限前の通信速度で利用が可能になるものの、再開時から24時間の定額料が別途かかる。

日額提供の「海外パケホーダイ」に比べ、開始から24時間利用が可能であるため、夜に現地に到着しても気兼ねなく利用が可能であるほか、到着からSIMカード購入までの間に”繋ぎ”として利用するにも便利だ。

また、2014年3月までに、LTEの国際ローミングが可能になるサービスも提供予定とのことです。

詳細はこちら