フォートラベル、ユーザーの半数以上が「ひとり旅」経験アリ!経験者に人気があるのは台湾・タイ・フランス!

main

フォートラベルは、フォートラベルユーザーを対象に、海外・国内でのひとり旅に関する調査結果を発表しました。 

最近注目されることの多い「ひとり旅」ですが、旅行好きのフォートラベルユーザーは、既に海外旅行でも、半数を超える人が経験をしているという驚きの結果となった。男女別にみると、男性は60.1%、女性は半数近い48.6%が「海外ひとり旅の経験がある」と回答。

sub4

また、年代別でみると、海外ひとり旅経験者の割合は、男性では「20代」がもっとも多く66.7%、女性では「30代」がもっとも多く55.0%だった。

海外ひとり旅の経験がある人に、”行って良かったエリア”を聞いたところ、「アジア」がもっとも多く41.8%。続いて「ヨーロッパ」(35.3%)、「北米」(11.9%)となった。

sub3

国別にみると、「台湾」、「タイ」、「フランス」の順に人気高く、台湾は「台湾人の優しさに感動した」「治安が良く、女性ひとりでも安心できる」「食べ物が美味しかった」などの意見が、タイは「人がおおらかで親切」「異文化を体験できた」、フランスは「ひとりでの観光やショッピングがしやすく、楽しめた」「公共交通機関での移動がしやすかった」といったコメントが寄せられた。

 
一方、海外ひとり旅の経験がない人に”行ってみたいエリア”について聞いたところ「ヨーロッパ」がもっとも多く46.1%。続いて「アジア」24.8%、「北米」13.5%という結果だった。

国別にみると、「フランス」、「イタリア」、「ハワイ」の順に人気が高い。回答者のコメントをみると、フランスは「以前行った時に、ひとりでも比較的安全に回れると思った」「ひとりでじっくりと美術館巡りをしたい」、イタリアは「世界遺産巡りをしたい」「美味しい料理を食べたい」、ハワイでは「言葉の不安があまりなさそう」「行ったことがある場所なので、ひとりでも行きやすそう」といった声が寄せられた。また、「ヨーロッパを周遊したい」という声も散見され、ヨーロッパへ憧れの気持ちを寄せている人の多さが伺える。
 

一方で、「そもそも、ひとりで海外旅行をしたいと思わない」「ひとり旅をしてみたいが不安な気持ちが大きい」という声も複数寄せられており、言語や治安の問題、旅の感動を共有する相手の有無などが、ひとり旅を実行する際にはネックとなるようだ。 

詳細はこちら