デビッド・ベッカム氏とカジノなどを展開するラスベガス・サンズが提携!マカオとシンガポールで広告などを展開!

DB-Press-Conference_Group-Photo

世界的な総合リゾート開発を手掛けるラスベガス・サンズと、デビット・ベッカム氏のマネジメントを行うベッカム・ベンチャーズは、マカオで、アジア地域でのパートナーシップの締結を発表しました。

DB-Press-Conference_Q&A_closeup

ラスベガス・サンズ社の、マイケル・リーベン(Michael Leve)社長兼最高執行責任者は、「私たちは自社ブランドをグローバル且つ象徴的な存在にすべく、多大なる金額の投資をしてきました。また、これらのブランドを長期的に育て、そして維持することの重要性を理解しています。デビッド・ベッカム氏とのパートナーシップ事業が、アジアにおける当社リゾート施設での小売およびレジャー事業を皮切りに、私共の取り組みを後押しし、同時にベッカム氏にも同様のベネフィットをもたらす可能性は極めて高いと言えます。この度のパートナーシップ締結に胸が高まる思いです。特に、アジアでの当社の存在感を拡大しようとするうえで、このパートナーシップが今後成長することを大いに期待しています。」と述べています。

DB-Press-Conference_Handprinting-2

また、デビッド・ベッカム氏は、「ラスベガス・サンズ社のチームはシンガポールとマカオに素晴らしいリゾート施設をつくりあげました。同社のスケールの大きさやビジョン、そして優れた経営手腕は称賛に値します。ビジネスパートナーとして、私の大好きなアジアにて、多岐に渡る事業に携われることを楽しみにしています。」とコメントしています。
DB-Press-Conference_WS-2

サンズ・チャイナ社のエドワード・トレイシー  (Edward Tracy)氏は、「サンズ・チャイナ社はマカオにおいて、多様なエンターテインメント事業を展開するだけでなく、著名ブランドとの積極的なコラボレーションを模索し、マカオの高級リゾート地である、コタイ・ストリップ・リゾーツ・マカオを訪れる人々に特別な体験を提供することで、地元の観光産業を変えようとしてきました。デビッド・ベッカム氏の事業開発および地域貢献に働きかける努力はよく知られるところであり、同パートナーシップは、アジア市場にポジティブな影響を与えられるよう目指している、両ブランドにとってまさに理想的です」とコメントしています。

DB-Press-Conference_George-T

マリーナベイ・サンズの社長兼最高経営責任者のジョージ・タナシェビッチ(George Tanasijevich)氏も、「今夏、マリーナベイ・サンズにベッカム氏をお迎えすることができたのは幸運なことでした。彼が放つエネルギーと熱意は人々を惹き付けます。ベッカム氏には、当社の社会貢献活動の一環である地域イベント、『サンズ・フォー・シンガポール(Sands for Singapore)』に参加していただき、大成功に終わりました。ベッカム氏による同イベントへの参加、そして彼からの寛大な寄付は、地元の若者たちや地元のチャリティ団体にとって大きな刺激となりました。ベッカム氏とのパートナーシップ事業が、マリーナベイ・サンズにて、エキサイティング且つクリエイティブな手法で展開されることを心から楽しみにしています。」とコメント。

両社は、マカオとシンガポールのサンズ施設内で、飲食、小売、レジャー業に関連したコンセプトで広告塔を展開する予定。アジアで圧倒的な支持を誇るベッカム氏とサンズの提携は、更なる事業拡大への起爆剤になると期待されている。