エティハド航空、ジェットエアウェイズの株式24%の取得承認を獲得!

06

2013年11月20日、エティハド航空による、インドのジェットエアウェイズの株式24%の取得を、インド政府が承認した。

これにより、エティハド航空が株式を保有するパートナー企業は、エアベルリン、エアセーシェル、エアリンガス、ヴァージン・オーストラリアに加え5社目となった。また、スイスのダーウィンエアラインの株式を取得し「エティハド・リージョナル」にリブランドする計画も発表している。

エティハド航空のジェームズ・ホーガン社長兼最高経営責任者(CEO)は「インドは、世界で最大かつ最も急速に成長している市場。エティハド航空の成長戦略の重要な部分の一つ。」とコメントしています。

■関連記事
エティハド航空、ダーウィンエアラインの株式を取得し「エティハド・リージョナル」にリブランド!

詳細はこちら