エミレーツ航空、民間航空史上最大の発注!=エアバスA380型機を101機保有へ!

A380 2

エミレーツ航空は、2013年11月17日、ドバイ航空ショーで、ボーイング777X型シリーズ150機(ボーイング777-8X型35機、同-9X型115機、50機の購入権付き)、エアバスA380型機50機の発注を行ったと発表しました。

ボーイング777X型シリーズの発注額は760億米ドル(約7.6兆円)、エアバスA380型機は230億米ドル(約2.3兆円)で、合計発注額は表示価格で990億米ドル(約9.9兆円、購入権を除く)と推定されています。これは、民間航空史上最大の発注契約です。これにより、エミレーツが既に発注確定済の航空機は、ボーイング777型214機、エアバスA380型101機、エアバスA350型70機の合計385機(オプション・購入権を除く)で、総額約1,660億米ドル相当(約16.6兆円)となります。

エミレーツ航空とエミレーツ・グループのシェイク・アハメッド・ビン・ザイード・アルマクトゥーム会長兼最高経営責任者(CEO)は、「航空輸送は世界貿易において重要な要素であり、当社は、航空輸送に対する需要が今後も世界的に成長すると考えています。今回の発表は、効率的な中東のハブ空港であるドバイを通じて世界を結ぶという当社の決意とビジョンの延長線上にあります。この度発注した777X型シリーズは2020年に納入開始を見込んでおり、2025年以降、機材更新と輸送力の拡大を支えていくと期待しています。」とコメントしています。

座席配置は、777-8X型機は3クラスで342席、同-9X型機は2クラスで座席数440席以上となる予定です。777X型シリーズは、ボーイング777-200LR型機、777-300ER型機に匹敵する飛行距離で定員数が多く、燃料効率が最大18%向上します。現在までに製造されたボーイング777型の10機につき1機以上となる、131機をエミレーツ航空が保有し、主力機材として活用しています。

今回の発注には、ボーイング777X型シリーズ150機に搭載するゼネラル・エレクトリック(GE)社のGE9Xエンジン300基の購入も含まれており、アメリカの航空機製造業界で436,000件以上の雇用を保護、支援することになるとしています。

ボーイングのジム・マクナーニー会長・社長兼最高経営責任者(CEO)は、「当社の新しい777X型シリーズに対するエミレーツの支持を大変誇りに思います。この契約は、米国の輸出と雇用を長期的に促進することになるでしょう。エミレーツは長年にわたり777型機の成功に不可欠な役割を果たし、世界で最も多くの777型機を保有しています。今後もエミレーツとの関係を強化し、世界のハブ空港としてのドバイの発展を支援したいと思います。」と述べています。

エアバスA380型機は、エミレーツは現在、世界最多となる39機を運用。今回の追加発注により、発注数は101機となり、エアバスA380型機を保有する世界最大の航空会社の地位を確固たるものにしました。発注は、機材の増加と更新に対応するもので、うち25機は2018年第1四半期までに納入され、2クラスと3クラスの混合になる予定です。エアバスA380型機はエミレーツの航空の旗艦機材で、燃費効率が良いだけではなく、発着枠が限られた市場のニーズに対応する柔軟性があるとしています。

エアバスのファブリス・ブレジエ社長兼CEOは、「エミレーツは当初から、効率性、経済性、乗客の快適性におけるA380型機のメリットを理解し、計画的に導入してきました。A380型機は、エミレーツとそのハブであるドバイ空港の人気向上と急速な発展に大きく寄与しており、同社の主力機として群を抜いて高い質の運行業務に貢献できたことは大きな喜びです。当社にとり、エミレーツとのパートナーシップは非常に重要であり、A380型機が日々空を飛ぶことで我々の関係が更に強化されることを大変嬉しく思っています。」とコメントしています。

詳細はこちら