体重が重すぎて搭乗拒否の男性、クルーズ船やユーロスターにも拒否され新たな困難に直面!

ba

アメリカ・シカゴから、イギリスへ向かうブリティッシュ・エアウェイズ便に搭乗しようとしていた、フランス人が、体重が重すぎることを理由に搭乗を拒否されていたことがわかった。

フランス人のケビン・シュネさんは、アメリカで受けていたホルモン治療で体重が220キロに。ブリティッシュ・エアウェイズ便に搭乗しようとしたところ、安全面で懸念があることを理由に搭乗を拒否された。

飛行機で移動できないシュネさんは、シカゴからニューヨークまで列車で向かった後、大西洋を豪華クルーズ船で渡る他に帰国する手段はなかった。

しかし、やっとのことでニューヨークに向かったシュネさんに、クルーズ船の所有会社が乗船を拒否。結局、ヴァージン・アトランティック航空機に搭乗することができ、ロンドン・ヒースロー空港に戻ってくることができた。

残念なことに、次に待ち受けていたのは、フランスへの鉄道「ユーロスター」。こちらも、安全が確保できないとして乗車を拒否されてしまった。

タクシーやフェリーなど、他の交通手段を、フランス大使館とともに探している最中だとか。

詳細はこちら