ジェットスター・ジャパン、自社パイロットの機長昇格プログラムを開始!=2014年2月にも同社初養成の機長誕生!

P1000061

2013年11月19日、ジェットスター・ジャパンは、自社パイロットの機長昇格プログラムをまとめ、国土交通省より承認されたと発表しました。

すでに、3名の候補者が、第1回目となる自社パイロットの機長昇格プログラムを、10月27日より開始しており、フルフライトシミュレーターや他訓練ソリューションを世界的に提供するCAE社の韓国の訓練センターを使用しています。

機長昇格プログラムは、同社の副操縦士として一定期間、一定時間乗務するとともに、定期試験や社内審査に通過すると受験機会が与えられ、路線審査やシュミレーター訓練などを、4ヶ月にわたって行います。

第1回の候補者の中から、早ければ2014年2月にも同社初の養成された機長が誕生する見込み。

詳細はこちら