「燃料足りないから45人置いていく」メガモルディブ航空の告知に乗客唖然!

47

2013年11月15日、上海/浦東発モルディブ・マレ行きの、メガモルディブ航空(LV)199便で、45人の搭乗を拒否する騒ぎがあった。

LV199便は、同便が使用するボーイング757型機が搭載できる燃料の量が、天候不良で不足する可能性があることを理由として、45人の搭乗を拒否。同便に搭乗できなかった乗客は、香港経由でモルディブに向かい、補償交渉をしているようです。

メガモルディブ航空は、香港・上海/浦東・北京〜マレ線に就航。ボーイング767-300ER型機2機と、ボーイング757型機1機を保有しています。機齢20年以上と古い機材であるため、度々故障で遅延が発生しているほか、サービスにも問題があるとの指摘もあります。 

詳細はこちら