ガルーダ・インドネシア航空、機材を倍増へ!=2014年にも200〜250機を発注へ!

P1060455

ガルーダ・インドネシア航空が、2014年にも200〜250機程度の機材の発注を行うと、ロイターが伝えています。

発注する機材は、エアバスA320型機やボーイング737型機などの5時間以内の路線で使用する単通路機と、ボーイング787型機やエアバスA350型機などの中長距離便で使用する機材。2013年9月現在、同社は131機を保有しており、2015年までに194機となる見込み。

インドネシアでは、エアアジア、ライオンエア、タイガーエアなどとの競争も激しいものの、航空需要は急成長しています。

発着容量がすでに一杯である、ジャカルタ・スカルノハッタ国際空港を拡張するほか、インドネシア国内に数十の空港を建設する計画もあります。

詳細はこちら