ジェットスター・ジャパン、2013年10月の定時運航率は88%!

P1000061

ジェットスター・ジャパンは、2013年10月の定時運航率が88%となったと発表しました。

90%超えは2013年5月〜9月まで5ヶ月連続だったが、台風などの悪天候シーズンということも影響した。最高となったのは、7月の93%だった。

ジェットスター・ジャパンは保有機材数が多く、機材のやり繰りがしやすいことや、予備機材を利用していることも定時運航率が高い理由。

定時運航の基準は、便の到着予定時刻に対して15分以内に指定のゲートに到着することとしています。

詳細はこちら