アエロフロート、オーロラ航空を傘下に=2018年までに便数を3倍、発着空港を4倍強に拡大へ!

52

アエロフロートは、サハリン航空とウラジオストック航空が合併し誕生した、オーロラ航空を傘下に置いたと発表しました。アエロフロートはオーロラ航空の株式の51%を取得し、残りはロシア極東地区政府が保有する。合併した両航空会社は、2011年にアエロフロートグループに参加していた。

オーロラ航空は、現在の172便運航しているところ、2018年までに3倍の534便に拡大。発着空港も30から128に増やすことを見込んでいる。年間利用客は2400万人に達する見通しという事業計画を発表している。

また、現在保有しているボーイング737型機に加え、エアバスA319型機を2013年末までに導入。2014年末には同型機を6機追加導入する。2018年までに40機を保有する見込み。

詳細はこちら