スターフライヤー、北九州〜釜山線を休止へ!=搭乗率低迷で

15

スターフライヤーが、搭乗率が低迷している北九州〜釜山線を運休する方向で調整に入ったことが、読売新聞の報道でわかった。

同路線は、スターフライヤー側は企業の象徴として維持したい方針だったが、筆頭株主のANAが不採算を理由に撤退を求めているとの報道もありました。地元自治体も、北九州空港発着の国際線定期便が同路線のみであることから維持を求めるものの、撤退は避けられない見通し。

スターフライヤーは、2014年3月期に大幅な赤字に転落すると見られ、路線削減などを行う方針。

■関連記事
スターフライヤー、赤字転落で関西〜福岡線の廃止や羽田〜関西線の減便の可能性も!

詳細はこちら