スクート、シンガポール以外の第2拠点を検討へ=キャンベル・ウィルソンCEOがシンガポール紙に明かす

キャンベル・ウィルソン

シンガポールのLCC、スクート(Scoot)のキャンベル・ウィルソンCEOが、シンガポール以外の第2拠点を設ける事を検討していると、シンガポール紙「THE BUSINESS TIMES」に明かしています。

キャンベル・ウィルソンCEOは、「シンガポールは比較的小さい場所だと認識する必要がある」と語り、 シンガポールの限られたマーケットでは大きな成長が見込めないことから、第2拠点をシンガポール外に設ける可能性を排除しないとのこと。

スクートは、2014年後半からボーイング787‐8型機と-9型機を受領し、日本線を含めて就航させる意向です。

■関連情報
スクート、キャンベル・ウィルソンCEO来日会見一問一答(上)(下)
スクート、国内決済会社との交渉進めウェブ直販や利便性強化へ!=コンビニ決済も導入か?
スクート、就航地の中でも1〜2番目に成田にボーイング787-9型機を投入へ!

詳細はこちら