シートピッチの違いで睡眠の質が改善!エアバスとロンドン・スリープ・センターが調査結果を発表!

30

エアバスは、長距離飛行でエコノミークラスの座席幅が乗客の快適性に及ぼす影響について調査結果を発表し、長距離旅行の快適性を向上させるためには、座席幅の最小基準を18インチ(45.72センチ)に設定することを航空業界に呼び掛けた。
 
ロンドンの医療機関、「ロンドン・スリープ・センター」が、脳波・目・腹部・胸部・腰・下肢の動きの測定など、睡眠時のあらゆる基礎的な生理現象を記録する、睡眠ポリグラフ検査を、特定の乗客に対して実施。1950年代の基準である17インチ(43.18センチ)幅の座席と比較したところ、最小幅18インチの座席では乗客の睡眠の質が53%改善した。

ロンドン・スリープ・センターのイルシャード・エブラヒム博士は、「違いは明白だった。18インチ幅の座席のすべての乗客が、より深い眠りに入り、乱されることも少なく、より長い睡眠時間を経験した。乗客は通常の睡眠環境における状態と同様に第1次睡眠段階から次の段階に進んだ。一方、17インチ幅の座席では、乗客は睡眠中に多くの障害を受けていた。つまりそれは乗客が深い回復睡眠をあまり経験していないことを意味する。エコノミークラスで長距離を飛行する場合、1インチの差は乗客の快適性に大きな違いをもたらす」と語った。
 
エアバスのケビン・ケニストン快適性担当責任者は、「予測される運航年数と航空機の引き渡しスケジュールを特に考慮すると、航空業界は今すぐに態度を決めないと2045年以降の乗客の快適性を損なうリスクがある。つまり、次世代の乗客が時代遅れの基準に基づいた座席で長距離飛行をせざるを得なくなるということだ」と述べている。
エアバスは長距離用エコノミー・クラスの客室には最少18インチ(45.72センチ)幅の座席を基準として維持している。しかし、他の航空機メーカーは、競争力を維持するため1950年代のより狭い座席幅に戻り、乗客の快適性基準を損なっていると、暗にボーイングを批判。

体格指数(BMI)と個人スペースに関する見方の変化は、レジャーや自動車などほかの業界では座席幅の再考を促す要因になっている。また、多くの国際空港で長距離のエコノミー乗客について実施された最近の調査によると、座席の快適性は今や、長距離でエコノミー席を予約する際にフライトスケジュールよりも優先される最も重要な基準になっているという。

ケビン・ケニストン氏は、「調査で分かったことは、座席幅が乗客の快適さに劇的な影響を及ぼすということだけでなく、長距離飛行で17インチ幅の座席を避けようとする旅客が増えてきているということである。彼らは真の座席の価値を決めるため、ソーシャルメディアあるいは専門家のウェブサイトにしばしば目を向けて、より快適な座席を提供する航空会社を選択する。幸いなことに最近の乗客は選択することができるため、第一に快適性を重視する選び方をしている。われわれは長距離のエコノミー・クラスにおける1インチの差により関心を払ってほしいと思っている」と付け加えた。

詳細はこちら