スターフライヤー、赤字転落で関西〜福岡線の廃止や羽田〜関西線の減便の可能性も!

15

スターフライヤーは、2013年11月半ばにまとめる経営合理化計画に、東京/羽田〜大阪/関西線の減便と、東京/羽田〜福岡・北九州線の増便を盛り込む。搭乗率が50〜60%台と低迷している、北九州〜釜山線は存続させ、10月の就航から間もない大阪/関西〜福岡線は、撤退も含めて検討しているとしている。

減便する東京/羽田〜大阪/関西線は、搭乗率が70〜80%と比較的好調。直近の2013年9月の数値で見ると、東京/羽田〜北九州・福岡線は60%台後半となっています。

スターフライヤーは、2014年3月期には赤字に転落する見通しで、経営の抜本的な改革が迫られている。

詳細はこちら