香港エクスプレス航空、サービス内容をプレスカンファレンスで紹介!

P1000668

香港エクスプレス航空は、2013年11月7日、都内でアンドリュー・コーウェンCEOが出席し、プレスカンファレンスを行い、同社のサービスについて説明を行いました。

香港エクスプレス航空は、アジア各地の人気観光地へ就航。グループの香港航空は、主に中国本土内に就航するフルサービスキャリアとして運航し、住み分けを行う。

機材は、エアバスA320型機で、シート配列は「3-3」の全174席。シートピッチは約30インチ(約76cm)と、他のLCCと比べて広め。

香港エクスプレス航空は、現在5機のエアバスA320型機を保有。2014年には11機、2018年までには30〜35機体制とし、就航先はアジアの100都市、さらに多くの日本の都市に就航する見込み。 

事前の座席指定は不可となっており、当日空港のチェックインカウンターで座席指定が可能。当面の間は、1列目と12・13列目のSweetSeatを除いて座席指定料金は無料。 SweetSeatは、非常口側の12・13列目は利用に条件がある。

機内持ち込みの手荷物は10キロまで。それ以外は有料で預け入れる必要がある。

機内食は、蒸し物の盛り合わせと烏龍茶、数種類のホットミールとコールドミール、アルコールなどを搭載。支払いは日本円は紙幣のみ受付、VISA・Masterカードでも支払うことができる。

2013年12月より、機内誌「UOマガジン」も搭載し、機内販売も実施。

香港国際空港では、出発は第2ターミナル、到着は第1ターミナルを使用する。いずれの空港でも、チェックインは3時間前〜1時間前まで。 

■関連記事
香港エクスプレス、日本の5都市へ就航を計画!日本当局との話し合いを開始=アンドリュー・コーウェンCEO語る!