ライオンエア、100機目のボーイング737型機を受領!=特別塗装を実施!

web064-_MAL0805

インドネシアのLCC、ライオンエアは、ボーイングから100機目となるボーイング737型機を受領しました。100機目となるボーイング737‐900ER型機は、特別塗装を施しました。

1999年に設立されたライオンエアは、ボーイング737‐900ER型機のローンチカスタマーで、現在はボーイング737‐900ER型機を67機、ボーイング737‐800型機を19機運航しています。

ライオンエアは、タイにも子会社を設立し、運航を開始する予定です。 

(写真提供:ボーイング)