JR東日本、東北エリアで復活するSLの列車名を「SL銀河」に決定!

SL銀河

JR東日本は、蒸気機関車C58-239号機を復元し、釜石線・花巻~釜石間を中心とした東北エリアで運転する列車の名称が決定したと発表しました。

今回新たに運転する列車名は「SL銀河」と命名され、4両編成(定員180名予定)で、2014年4月以降の営業運転を予定しています。

けん引する旅客車は、釜石線沿線を舞台に描かれた宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を代表的なテーマとして列車全体をプロデュースしており、宮沢賢治の世界観や空気感、生きた時代を共有する事で東北の「文化・自然・風景」を感じることができる車内空間とする予定です。

土休日を中心に年間80日程度(釜石行き40日程度、花巻行き40日程度)の運行を予定しています。

EX-TRAIN配信記事)