JR東日本、復元工事中の蒸気機関車C58-239号機を報道陣に公開!

_MG_8557

JR東日本では、観光面からの復興支援および地域の活性化を目的として、2013年度冬以降に東北エリアでSL列車を運転するため、2012年12月から、岩手県営運動公園に静態保存されていたC58形239号機の、復元工事を埼玉県のJR大宮総合車両センターを行っています。

_MG_8605

復元作業が始まって11ヶ月、2013年11月1日にはボイラーを吊上げ、台枠に載せる様子を報道陣に公開しました。

C58-239号機は1940年(昭和15年)6月に製造され、1972年(昭和47年)までの32年間のうち27年間を宮古機関区(当時)を中心とした岩手県で活躍。1972年(昭和47年)5月に廃車となり、その後は1973年(昭和48年)5月より静態保存されていました。

同機が復活すると、JR東日本が保有する蒸気機関車は4両目となります。

EX-TRAIN配信記事