ジェットスター・ジャパン、JALとカンタスより110億円増資!=議決権は変わらず

P1000061

ジェットスター・ジャパンが、JALとジェットスター親会社のカンタスグループが、約110億円の第三者割当増資を行ったことが、報道で明らかになった。

JALとカンタスグループがそれぞれ55億円づつを引き受け、両社の保有比率は45.7%づつ。三菱商事と東京センチュリーリース4.3%づつとなっています。しかしながら、議決権ベースではJALとカンタスグループは33.3%づつ、三菱商事と東京センチュリーリースは16.7%づつで変わりありません。

ジェットスター・ジャパンは、第2期となる2013年6月期決算を10月15日に発表し、約88億円の赤字となっていました。

■関連記事
ジェットスター・ジャパン、債務超過の危険でJALなどに追加出資を要請との報道!
ジェットスター・ジャパン、第2期は88億3400万円の赤字に!=ライバルPeachは12億円の赤字

詳細はこちら