デルタ航空、米国内線にて高度1万フィート未満でも小型電子機器が利用できるよう運用計画を提出!

sub3

デルタ航空は、航空会社の中で最も早く、乗客が高度1万フィート未満の機内で小型電子機器を利用できるように準備を整えたと発表しました。

従来は、離着陸時など高度1万メートル未満の機内では全ての小型電子機器の利用が禁止されていましたが、米国連邦航空局(FAA)による規制緩和を受け、運用計画の承認を前提に、早ければ米国時間11月1日からの運用を予定しています。

デルタ航空では、すでに全保有機材を対象に、小型電子機器利用が航空機の安全運航に影響を与えないことを確認する耐性テストを完了しています。

FAAが機内での小型電子機器利用制限の緩和を発表したことを受けて、デルタ航空のアメリカ国内幹線用機材約570機は、アメリカ国内線の地上走行中、離着陸時に、読書用端末やタブレット、スマートフォンなど、機内モードに設定することを条件に使用を許可する見込みです。なお、機内モードでの利用のため、携帯電話の通話は引き続き全面禁止となります。

米国内のローカル線を運航するデルタ・コネクションの約550機に関しては、年内に同様のルール変更を適用する予定。アメリカ国内線で計800機以上の機内にて提供中の有料インターネットWi-Fi接続サービスは、引き続き高度1万フィート以上で提供されます。

デルタ航空機内サービス担当上級副社長、ジョアンナ・スミス(Joanne Smith)氏は、「米国連邦航空局(FAA)が航空業界と連携し、高度1万フィート以下での小型電子機器の安全利用への道を拓いて下さったことに感謝いたします。デルタ航空では、お客様により快適なフライトをご提供できるよう努めており、デルタ航空のお客様が一番先に、フライト中にいつでも小型電子機器をお使いいただけるようになります。」とコメントしています。