エアアジア・ジャパン、2013年7月〜9月の搭乗率は国際線65.7%・国内線66.5%に!

AirAsiaJapan

ANAホールディングス(ANAHD)が、2013年10月30日に発表した、第2四半期決算短信で、2013年10月26日に運航を終了した、エアアジア・ジャパンの7月〜9月の搭乗率が明らかになりました。

搭乗率は、国内線では66.5%、国際線では65.7%となりました。なお、4月〜6月の搭乗率は国内線で55.5%、国際線で52.1%だったことから、いずれも10ポイント以上上昇しています。

また、エアアジア・ジャパンは、9月の搭乗率を国内線は84.0%、国際線は68.6%だったと発表しています。

エアアジア・ジャパンは、エアアジアとANAとの合弁解消に伴い、9月から機材の返却を行っています。

■関連記事
エアアジア・ジャパン、2013年4月〜6月の搭乗率は50%台と低迷!
エアアジア・ジャパン、9月実績は国内線は80%、国際線は68.8%=台北線は90%超に

詳細はこちら