JAL、国内線全座席を本革に!2014年5月から順次改修機材を投入へ!

59

JALは、2013年10月28日、国内線機材の全ての座席を、順次本革製のものに切り替えると発表しました。

普通席(左)では、足元の広さを約5センチ拡大。クラスJも新しいシートにするほか、カーペットもあわせて刷新する。また、機内の照明をLED化する。

対象となる機材は、ボーイング777-200/300型機、ボーイング767-300/300ER型機、ボーイング737-800型機の合計77機。2014年5月から順次投入する。

詳細はこちら