スクート、就航地の中でも1〜2番目に成田にボーイング787-9型機を投入へ!

P1000574

スクート(Scoot)のキャンベル・ウィルソンCEOは、2014年末から順次導入する、ボーイング787型機と東京/成田線への投入は、就航地の中でも1〜2番目になる可能性が高いと語りました。

さらに、坪川成樹日本・韓国支社長は、「787が世界的に多く就航している都市は少ない。日本はキーマーケットになっている。整備上の話も含めて、日本路線、成田を含めて、最初の1〜2機目で導入される可能性が非常に高い。」と続けています。

スクートでは、2014年11月から導入するボーイング787型機のうち、1〜6機目は‐9型機、7機目以降は‐8型機を受領する見込みで、座席数は‐9型機は360席程度、‐8型機は320席程度になるとのこと。

2013年7月〜9月の、東京/成田〜台北/桃園線の搭乗率は92%と好調であることから、座席数が少ないボーイング787‐9型機を投入するよりも、ボーイング777-200型機(402席)を継続して投入するのが良いのかは検討するとしています。

また、同社のスティーブン・グリーンウェイ営業本部長は、今年9月のTraicyのインタビューに対し、大阪/関西〜シンガポール線を新規開設したうえで、ボーイング787型機を投入すると明らかにしていました。

■関連記事
Scoot、大阪/関西〜シンガポール直行便に2014年夏就航!ボーイング787型機で=Scoot・スティーブン氏語る