香港エクスプレス、2014年中に日本就航都市を2都市増やす=CEOが明言!

16

香港エクスプレス航空が、2013年10月27日、LCCへのリブランドを行い、香港発着の国際線に就航しました。

11月に東京/羽田、大阪/関西と香港を結ぶ路線に、エアバスA320型機(174席)で就航します。

日本経済新聞電子版によると、同社のアンドリュー・コーウェンCEOは、すでに13万席以上を売り上げていると述べ、6機のエアバスA320型機を予定を繰り上げて来年に投入。さらに、日本線はあと2路線就航させたうえで、現在の8路線から20〜25路線にしたいと語っています。

需要が見込めるのは、沖縄/那覇・福岡・名古屋/中部・札幌/千歳といった路線ですが、すでに香港エクスプレス親会社の香港航空が、沖縄/那覇線を運航しているため、残りの3都市のいずれかと予測できます。

■関連記事
香港エクスプレス航空、有力な就航候補は日本!?羽田、関西に続くか?=CAPA伝える
香港エクスプレス、2014年には就航先が倍以上に!年末にも発表へ!=CAPA伝える

詳細はこちら