チャイナエアラインが新たなLCCを設立か?=台北タイムス伝える

58

台湾のチャイナエアライン(中華航空)が、格安航空会社の設立を検討していることが、台北タイムスの取材で判明しました。

これは、チャイナエアライン(中華航空)社長の、孙洪祥氏が報道陣に対し明らかにしたとのことで、単独で設立するか、ジェットスターと中国東方航空がジェットスター香港を設立したように、パートナー会社と組むかどうかは検討しているとのこと。

また、既存の子会社である、マンダリン航空(華信航空)のリブランドも一つの選択肢として残しているという。 

導入を検討している機材等は明らかになっていないものの、日本就航も視野にいれているものと思われます。

詳細はこちら