アエロフロート、傘下のLCCを2014年春にも運航開始へ!

54

アエロフロートは、格安航空会社Dobroletを設立し、格安航空会社としてロシア国内線に、2014年春にも就航させることがわかりました。

国外メディアでは、2014年にも、アエロフロートが100%出資の子会社として、LCCを設立する可能性があると報じていました。

いずれもモスクワのシェレメーチエヴォ国際空港か、ヴヌーコヴォ国際空港を拠点とし、ボーイング737-800NGを導入します。

同社機は、リクライニングを固定化させてシートピッチを狭くするとのこと。また、航空券は直販のみで販売。有料でのコンフォートシート、手荷物預け入れ、優先搭乗、機内食サービスを提供します。

発足初年度は8機体制とする見込み。

アエロフロート航空のビタリー・サベリエフ最高経営責任者(CEO)は、「ロシアの格安航空会社は、ロシアの法律を世界航空産業の既存の法律と調整するまで運航しない。その対象となっているのは、払い戻し不可の航空券、無料の機内食、預け入れ手荷物料金、主として機長不足を補うための外国在住パイロット雇用などである。今年末までに適正な法律改正が行われると考えている。そうすることで、政府はロシアにとって極めて重要なプロジェクトの立ち上げに大きく貢献するだろう」と語っています。

詳細はこちら