ノックエア子会社、タイ・ウドンタニで滑走路を逸脱、前輪故障で草地に突っ込む!

09

タイの格安航空会社、ノックエア傘下のノックミニが運航する、DD8610便が、2013年10月6日午前8時45分ごろ、タイ・ウドンタニの空港に着陸する際にオーバーランする事故が発生した。バンコクポストが特報で伝えた。

同機は、チェンマイからウドンタニへ運航していた、SAAB340型機。乗員3名と乗客25名は全員無事だった。

事故は着陸後に地上走行中、前輪の油圧機能が故障し、そのまま滑走路を逸脱して草地に突っ込んだと見られています。

ノックエア機は、 今年5月に車輪が外れるトラブル、8月にも離陸中止に失敗してオーバーランする事故がありました。

■関連記事
ノックエア機が滑走路を逸脱、乗員乗客は全員無事=滑走路は閉鎖

詳細はこちら