JAL、羽田空港国際線発着枠の割り当ての是正と行政文書の開示を請求!

jal_b787_2

2013年10月4日、JALは、国土交通省に対し、2日に国土交通省が発表した、羽田空港国際線発着枠の割り当てに対し、是正の申し入れと行政文書開示請求を行った。

羽田空港の国際線発着枠は、対象となった16枠中、ANAが11枠、JALが5枠が割り当てとなった。JALは均等配分を求めていたが、ANAはJALの再建で競争環境が歪められたとして傾斜配分を求めており、主張が認められた形だ。

JALは「不当に不均衡な内容であり、利用者利便と国益を損なうもの」としています。また、民間企業の自由な活動を制限する基準をなぜ唐突に設定したのかについても説明がないとしています。

■関連記事
羽田空港昼間発着枠、ANA11枠・JAL5枠配分と国土交通省が発表!

詳細はこちら