ANA、搭乗口での搭乗券発行を12月3日より取りやめ=保安検査場で発行、搭乗口案内は廃止へ

14

ANAは、従来は保安検査場で「搭乗口案内」、搭乗口で「搭乗券」を発行していましたが、2013年12月3日より、保安検査場で「搭乗券」を発行し、搭乗口では搭乗券を発券せずに2次元バーコードやICカードの読み取りのみとすると発表しました。

これにより、今まで搭乗口で発行されたピンクの搭乗券ではなく、保安検査場で発行されているレシートタイプのものが搭乗券となります。

「搭乗口案内」の用紙と勘違いして捨ててしまうと、搭乗後に自分の座席がわからなくなってしまうので、注意が必要です。

また、乗継ぎの場合は、最初の空港ですべての搭乗券が発見されるようになります。札幌/千歳・福岡・名古屋/中部・仙台空港などは、乗り継ぎの際に再度保安検査場を通過しますが、検査場では乗り継ぎ分の「搭乗券」は発行されません。

詳細はこちら