【搭乗レポート】東京(羽田)⇒鹿児島/全日空 ANA619便(エコノミークラス)

ANA1

今回搭乗したのは、羽田発鹿児島行き初便の、ANA619便。

ボーイング787型機運航便ということであえて選択。筆者は残念ながら、東京/羽田~フランクフルト線では運航停止で、東京/羽田~大阪/伊丹線では乗り遅れで逃しているので、3度目の正直。

シート配列は2-4-2

ANA2
 
羽田空港には6時5分に到着し、早朝で空いている保安検査を通過。6時10分過ぎにはANAラウンジに入り、搭乗案内が流れた頃にゲートへ。

ゲートは69番ゲートと一番端なので、かなり大変でした。

シート配列は「2-4-2」で、国際線仕様機。プレミアムクラスとエコノミーの間には、ミニバーのスペースがありました。おそらく、東京/成田~シンガポール線等に投入されるものと思われます。

搭乗率は半分ちょっとで、さすがに早朝ということで少ないのかもしれません。

シートモニターは利用可能

ANA5

定刻で出発し、沖合いのD滑走路から離陸。大きく右に旋回し、東京湾を通過し進路を西にとります、

シートモニターは、映画を除いて利用が可能でした。

シートポケット搭載物は多め

ANA4

シートポケットには、機内誌「翼の王国」、ANA SKY SHOPカタログ、安全のしおり、ANA MY Choiceカタログ、ゲロ袋、コントローラーの案内の6種類が入っていました。

免税品案内が入っていないところからも、国際線にはまだ投入されていない機材のようです。

窓のシェードは便利か、不便か

ANA6

窓の日よけ(シェード)は、窓の下にあるスイッチで暗さを調節できるようになっています。

時間をかけてゆっくりと暗くなるので、最初はこんなものなのか?と思っていましたが、かなりしっかりと暗くなります。右と左の窓で違いがよくわかると思います。

飛行機は、紀伊半島、土佐清水を通過し、鹿児島へ。桜島を左手に見ながら定刻で到着しました。

(搭乗日:2013年9月27日)