【特報】ジェットスター・ジャパン、コンビニ・銀行ATMで支払う「ウェルネット決済」で手数料を過徴収=9月15日〜18日、約2,500人影響

ジェットスター

ジェットスター・ジャパンは、2013年9月15日〜18日の間、円建てで日本国内線と短距離国際線を予約し、コンビニや銀行ATMで航空券代金を支払う「ウェルネット決済」で、支払手数料を本来は日本国内線で300円、短距離国際線で650円のところ、1,000円徴収するミスがあった。

利用者のレポートは、ブログ「Help Point」に掲載されています。

ジェットスター・ジャパン広報はミスを認め、システム更新を行った9月15日〜18日の4日間、最終確認中だが約2,500名に影響があったと話した。現在、返金方法の準備をしており、同社サイトで発表予定。

ジェットスター・ジャパンでは、2012年6月25日〜7月5日には座席指定料を400円多く徴収、今年3月1日にもクレジットカードでの決済で支払手数料を400円多く徴収するミスを起こしている。

■関連記事
ジェットスター、支払手数料の徴収ミスは3月1日予約分のみ。該当者は申し出るように告知! 
ジェットスタージャパンで決済手数料を過徴収するミスが発覚!2月には個人情報の誤表示も!

詳細はこちら