タイ国際航空オーバーラン事故で、「幽霊の客室乗務員」現れる!

tg

2013年9月8日、バンコク・スワンナプーム国際空港で、広州発・タイ国際航空679便(エアバスA330-300型機)が、着陸の際に車輪が故障し、オーバーランした事故で、事故後、その場にいるはずのない女性客室乗務員が乗客の指示にあたっていたことがわかった。バンコクポストが伝えた。

謎の女性客室乗務員は、伝統的な衣装を身につけていたと乗客らは述べているが、そのような客室乗務員はおらず、全員がブラウスとスカートの決められた制服だった。

ロシアの声によると、霊界の専門家は1998年12月のタイ国際航空の事故で死亡した客室乗務員の一人が「善良な天使」となって現れた可能性を指摘しているという。

この事故では、着陸時にけが人は出ず、脱出時にパニックが起き、約40名が負傷した。

詳細はこちら