タイ・エアアジアXの合弁、設立に合意!9月中に認可取得を見込む!

エアアジアX

エアアジアXは、タイ・エアアジアXの設立に合意したと、2013年9月18日付で発表しました。

タイ・エアアジアXの株式は、マレーシアのエアアジアXが49%、タイ・エアアジアのCEO、Tassapon Bijleveld氏が出資するTB holdingが41%、World MOTOディレクターのJulpas Kruesopon氏が出資するJK holdingが10%を保有します。

同社は2013年6月20日に認可申請を行い、9月中にも認可の取得を見込んでいます。

タイ・エアアジアXでは、日本・中国・韓国に就航を予定しており、最初の路線は東京/成田とソウル/仁川線になるとの報道もあります。

■関連記事
エアアジアX、アズラン・オスマンラニCEOが、東京/成田〜バンコク線や札幌、福岡、中部就航を明言!=「成田〜バンコク線は昼間発着で調整」

詳細はこちら