シンガポール航空とタタ・グループ、インドにフルサービスキャリアを設立へ!

P1020387

シンガポール航空と、インドのタタ・グループは、共同でインドに新しい航空会社を設立することで合意したと報道されています。

タタ・グループは、マレーシアのエアアジアと、インドに格安航空会社「エアアジア・インディア」を設立したばかり。

新しい航空会社には、タタ・グループが51%、シンガポール航空が49%を出資。資本金は1億USドルで、フルサービスキャリアとして運航を行う見込み。

インドでは、キングフィッシャー航空が運航を停止しており、ジェットエアウェイズはエティハド航空が24%の株式を保有しています。

インドの規則では、5年間にわたって国内線を運航しなければ、国際線の認可が下りないことから、現時点では日本への就航はできないと思われます。

詳細はこちら