エアアジア・フィリピン、全路線で10月より運航を休止へ=ゼストへ一本化か?

エアアジア

エアアジア・フィリピンは、同社が運航する、クラーク発着のフィリピン国内線と国際線を、2013年10月よりキャンセルすることがわかりました。

キャンセルとなるほは、10月8日以降のクラーク〜ダバオ線、10月9日以降のクラーク〜カリボ線、10月31日以降のクラーク〜台北/桃園線、11月1日以降のクラーク〜香港線。4路線の運航停止で、エアアジア・フィリピン運航便はなくなります。

なお、エアアジアはフィリピンのLCC・ゼストエアウェイズを買収しており、マニラ/ニノイ・アキノを拠点とするゼストエアウェイズは運航を続けます。

詳細はこちら