セブパシフィック航空、東京と名古屋就航を検討=ゼスト、タイガーも狙う

55

セブパシフィック航空は、日本とフィリピンの航空協議で、オープンスカイが締結されたことを受け、東京線と名古屋/中部線への就航を検討していると、ABS CNBニュースが伝えています。

セブパシフィック航空は、マニラのニノイ・アキノ国際空港の発着容量が増えるため、日本とフィリピン間でオープンスカイが締結されれば、日本路線を拡充させる見込みとしていました。

フィリピンの航空会社は、アメリカのFAAとEUから安全性に問題があるとして新規の乗り入れや増便は禁止されていましたが、フィリピン航空はEUの乗り入れ禁止が解除されています。セブパシフィック航空はダバオでの事故が影響し、解除が見送られています。

詳細はこちら