国土交通省、深夜早朝の羽田空港アクセスバス運行で支援策検討!

11

国土交通省が、24時間空港であるにもかかわらず、深夜早朝にアクセス手段がない羽田空港に、バスなどを運行する事業者に支援策を検討していることが、日本経済新聞電子版の報道でわかりました。

羽田空港は、午後11時〜午前5時の深夜早朝発着枠のうち、午後11時〜午前0時までに羽田に到着しない場合、乗客の都心部へのアクセス手段は車しかないという状況です。また、早朝便へのアクセス手段はないため、空港か空港近くに宿泊する必要があります。

2014年3月より、羽田空港の午前5時〜午後11時までの昼間発着枠の利用が開始されることで、各航空会社は国からの割り当てに伴い、運航時刻の変更が行われるものと思われますが、深夜早朝のアクセスの改善は、利用者にとって朗報といえそうです。

詳細はこちら