北海道エアシステム、2014年度にもJALの再子会社化=道新伝える

30

北海道がJALに要請していると報道されていた、北海道エアシステム(HAC)のJAL再子会社化が、2014年度にも行われる見通しであることが、北海道新聞の報道でわかりました。

JALは現在、HACの株式のうち14.5%を保有しており、北海道などから株式を取得するとみられる。

朝日新聞によると、JALは業績が回復したことから、政府、与党などから地方路線への貢献を求められていたとのこと。

羽田空港国際線発着枠の配分などで、ANAとの平等配分を求めるJALと、JALの経営再建は公平ではないと傾斜配分を求めるANAの主張が分かれていますが、JALが不採算であるHACの経営を引き受けることが明らかになったことで、JALの主張が認められる可能性も高くなったと見られる。

JALは、国や地方から地方路線の開設を求められ、不採算路線が増えたことも影響し経営が悪化。経営再建に伴い、多くの地方路線から撤退した。

詳細はこちら