伊丹空港、運用時間を30分延長へ!羽田発午後8時近くの便も可能に!?

41

伊丹空港が、現在午後9時までの運用時間を30分延長し、2015年より午後9時30分までにする方向で検討に入ったと日経新聞電子版が伝えました。

周辺自治体への騒音配慮から、現在は羽田空港を午後7時25分発の便が最終便。その後の時間は、関西国際空港や神戸空港への便を運航しています。

伊丹空港を運営する新関西国際空港株式会社と周辺自治体では、着陸料の割増しで午後9時以降も着陸が可能になる案も浮上しているとのことで、従来は悪天候などの理由でも、午後9時以降には着陸できませんでしたが、可能になる可能性もあります。

また、現在より遅い午後8時前に羽田を出発する便の運航も可能になることで、神戸空港発着便などに影響が出ることも懸念されます。

詳細はこちら