ジェットスター香港、就航検討の128ヶ所が香港政府への申請から判明!

Jetstar

2013年末〜2014年始めにも就航が予定されている、ジェットスター香港が、香港政府に提出した書類より、就航を検討している128空港が判明しました。

これによると、日本の都市は26都市27空港で、旭川、釧路、とかち帯広、札幌/千歳、函館、秋田、仙台、新潟、東京/成田、東京/羽田、名古屋/中部、富山、小松、大阪/関西、岡山、広島、高松、松山、北九州、福岡、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄/那覇、石垣。

就航を予定している国の中では、中国本土の48都市49空港に次いで最も多くなっています。

他に申請している国は、カンボジア、インドネシア、韓国、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、台湾、タイ、ベトナムと、グアム、サイパン、コロールとなっています。

申請の際に、就航地が判明しないように多くの都市を挙げていると思われますが、日本線への就航はジェットスター香港はすでに明言しているため、いくつかの都市には就航が行われるものと思われます。

なお、香港をベースに10月にも就航を予定している、香港エクスプレス航空は、東京/羽田線への就航がすでに決まっています。

【関連記事】ジェットスター香港、香港政府が年内にも認可へ!キャセイは難色…
【関連記事】香港エクスプレス、東京/羽田〜香港線に10月に就航を予定!

詳細はこちら