2013年4月〜6月のLCC3社の欠航率、ジェットスターが機材故障で1%超、Peachは機材繰りでの欠航ゼロで国内航空会社で欠航率最低に!

08

国土交通省は、2013年9月2日、特定本邦航空運送事業者に関する航空輸送サービスに係る情報公開(平成25年4~6月)を行いました。

発表によると、Peachの欠航率がダントツで低く、JALやANAなどのレガシーキャリアよりも低い水準になり、欠航率は0.24%。Peachの井上慎一CEOが、都内で開催した記者会見で「Peachはちゃんと飛びます」とコメントしていましたが、数値として実証されました。

ジェットスター・ジャパンは、機材故障による欠航が1.28%と他社に比べ大きくなり、国内航空会社で欠航率が一番高くなりました。

ちなみに、前回発表の2013年1月〜3月の欠航率でも、最低となったのはPeach、最高となったのはジェットスター・ジャパンでした。

【関連記事】LCC各社の欠航率、ジェットスターは機材繰りによる欠航が2.5%超!最低はピーチ!