ジェットスター香港、香港政府が年内にも認可へ!キャセイは難色…

ジェットスター

カンタス航空と、中国東方航空、信徳集団が設立した、ジェットスター香港の認可申請について、2013年8月23日付けの政府官報に掲載されたことがわかりました。

今後数ヶ月以内に運航が認可される見込みで、ジェットスター香港は年内に認可を得られることを想定しています。

キャセイパシフィック航空は、「外国の航空会社によって、香港経済と産業は非常にダメージを受ける」として、2週間以内に異議を申し立てる予定。しかしながら、ジェットスター香港は600人以上を香港で雇用するとしています。

香港政府では、カンタス航空があるシドニーや、中国東方航空がある上海が、香港の交通権を得て制御されることを憂慮していたとのことですが、信徳集団が出資し、社長に信徳集団スタンレー・ホー会長の娘、バンジー・ホー氏が就任することで、認可が得られる可能性が高くなった。

ジェットスター香港は、中国、韓国、日本、タイ、インドネシア、ベトナム、フィリピン、マレーシアなどへの就航を予定しています。

詳細はこちら