あまりの”人気”に駆け込み!?「バニラエア」ドメイン、ANAは辛うじて取得?

36

エアアジア・ジャパンは、2013年8月20日、エアアジアとの合弁解消を受け、11月1日より「バニラ・エア」にブランドを変えると発表しました。

発表後、人気になったのが、「ドメイン」です。

Traicyでは、いち早く新サイトの動向をつかむため、ANAが取得したドメインを探したところ、「vanilla-air.com」が取得されており、こちらが新サイトが利用すると報じました。

その際には、「.com」のドメインしか取得されていませんでしたが、人気となったドメインは、今やほとんどが埋まっている状態。

50

ANAやエアアジア・ジャパンも、”危機感”を感じたようで、8月21日には「バニラ・エア株式会社」の予定として、「vanilla-air.co.jp」ドメインを取得。

また、「vanilla-air.in」「vanilla-air.biz」「vanilla-air.mobi」「vanilla-air.tv」「vanilla-air.me」「vanilla-air.asia」も、GMOが運営している、お名前.comを通じて取得したことが明らかになっています。

しかしながら、「.info」「.net」「.org」はバニラ・エアやANA、エアアジア・ジャパン名義で取得されておらず、ムームードメインなどの代理情報が登録されています。また、「.jp」は、森田仁志氏という個人が保有している模様。

通常は、ブランドを守るために最初に主要ドメインは取得しておくものだと思いますが、「.net」や「.jp」などの主なドメインが取られてしまうという”失態”に、ちょっと今後が心配です。

【関連記事】エアアジア・ジャパン、新社名は「バニラ・エア」と発表!
【関連記事】バニラ・エア、Facebookページをオープン!
【関連記事】バニラ・エア、公式サイトのURLが判明=公開はまだ先に
【関連記事】バニラ・エア、”大手の半額、付帯収入を増やす”リゾート路線展開へ! 
【関連記事】バニラ・エア、11月上旬に航空券の発売を開始へ=12月下旬運航開始!
【関連記事】「バニラ・エア」お披露目記者会見、囲み取材一問一答を全文掲載!
【関連記事】「バニラ・エア」お披露目記者会見、質疑応答一問一答を全文掲載!